CTimeアプリの使い方や稼げる理由とは?危険性や口コミについても! 

管理者日記

あなたはCTimeというアプリを知っていますか???

 

「ちょっと待て待て!そもそもなんて読むんだよ!」

「聞いたこともないわ」

 

といった声が聞こえてきそうですね!

実際私も知ったのはつい最近のことなのでご安心を・・・

 

若者を中心に流行っているアプリなのですが、これがまた稼げるや稼げないと話題になっているようです。

 

今回はそんな「CTime」というアプリについてみていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

若者に話題のCTimeアプリとは?

 


CTimeアプリとは株式会社WCOさんから発売された新たなSNSアプリです。

発売されたのは2018年3月なのでもうすぐリリースして1年が経ちますね。

 

近いアプリでいえば一昔前に流行ったミクシイ+Twitterのようなものと思ってもらっていいかと思います!

機能としては人気動画の配信・視聴、コミュニティ交流、ランキングなどが中心です。

 

前にはテレビで矢口真里さんが紹介しており話題となっていたようですよ!!!

 

現在はios版だけですが近々 Android版も発売が予定されています。

 

CTimeアプリの特徴

 

CTimeアプリには5つの機能が存在しています。

 

  • プロフィール
  • チャット機能
  • CTime(タイムラインのようなもの)
  • CROOM
  • ランキング

 

この中で機になるのはランキング機能ですかね!

 

 

 

このランキング機能ですが、各期間(日や週など)でシェアされた件数で決定します。

上位表示されればされるほど多くの方に見ていただけますし、自分がどういう人間なのかアピールすることもできます。

 

ただしまだまだ利用者は少ないので今のうちであれば上位ランキングに食い込むことも可能盛大ですよ!!!

 

スポンサーリンク

 

CTimeアプリの使い方や稼げる理由とは?

 

では実際にCTimeアプリの使い方や稼ぎ方を見ていきましょう!!!

 

>Step1 メールアドレスと名前を入力<

 

>Step2 パスワードを入力<

 

>Step3 性別を入力<

 

>Step4 生年月日を入力<

 

>Step5 都道府県を選択<

 

上記入力で設定は完了です。

あとはログインして自分の好きな動画を見たり、面白い動画を配信したりまた交流などをしてCTimeを楽しんじゃいましょう!!!

 

CTimeアプリで稼げる理由とは??

 

色々と探してみましたが、特に稼げる理由ってのは決まっていませんね。

 

ただインフルエンサーになれば商品をただでもらえることができますし、そこから何かお仕事に繋がる可能性もあります。

またブログをされている方であれば上位ランキングに入れば、そこから自分のブログへ案内することもできますし稼ごうと思えば多種多様に稼ぐことができると思います!!

 

なので一概に稼げる理由が何なのかはハッキリしていませんが、様々な用途で活躍してくれるアプリとなりそうです。

やってみたい方は参入者が少ない今のうちが断然有利ですよ。

 

スポンサーリンク

 

Ctimeアプリの危険性や口コミについて!

 

調べてみましたが、今のところCTimeアプリを使用していて危険な目にあった方はいらっしゃらないと思います。

ミクシイやTwitterと似ているので下手なことをしなければ大丈夫でしょう。

 

ですがまだリリースして約1年なのでこれから利用者が増えてきたりどうなるかわかりません。

 

個人情報にはくれぐれも注意しなくちゃなりませんよ!!!

 

また口コミについてまとめてみましたのでご覧ください。

 

 

 

 

 

 


徐々にCtimeを始める人が増えてきていますね〜!!!

初めてすぐに上位ランキングに入られた方もいらっしゃいますし、かなりの盛り上がりを見せそうです。

 

個人的には2019年はヒットしそうな予感がします。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

  • CTimeアプリは簡単登録で始めることが可能
  • 稼げる理由としてはインフルエンサーとなることが重要
  • 危険性は今のところ無し
  • 口コミなど評価は高い様子

 

様々なアプリが開発される中で注目されるアプリっていうのは何かしらすごいんですよね。

このCtimeアプリも数年後にはTwitterやインスタグラム、LINEなどと同様にビッグアプリへと成長しているかもしれません。

 

まだ初めてない方は、一度試してみては???

 

スポンサーリンク

コメント