GACKTが無呼吸症候群って本当?治療法や対策はどうすればいい?

 

カリスマ的存在でファンを多く抱える歌手のGACKTさんがブログで無呼吸症候群の可能性があると発表されていますね!!!これほどまでのスター性を維持していくとなると精神的にも辛い状況が訪れ、様々な病気と戦わないといけないことは仕方がないのかもしれませんね。

 

 

以前にも10円ハゲが出来たなどと精神的ダメージを抱えていることをブログなどでも発表されていますので今回の無呼吸症候群も何かしらの精神的ダメージから来ているのかもしれませんね。

 

 

では実際GACKTさんは本当に無呼吸症候群なのか??また無呼吸症候群とはどういうものなのか?というところを見ていきましょう!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

GACKTさんがブログで発表された無呼吸症候群って本当?

 

GACKTさんは睡眠時間が短く朝早くに目覚めるそうです。4時とか5時ですよ??

私もそうですが、皆さんもまだ寝ている時間ですよね!周りの方はからは睡眠障害があるのでは?とよく言われているようですが睡眠時間は短いのは20歳の頃に意識的に習慣づけたものだそうです!!

 

 

 

しかし「無呼吸症候群」というのは聞いたことがあったぐらいで調べたことがなかったみたいです。調べた結果は・・・・・

 

 

 

当てはまらないことが多いとのこと。

 

 

 

正直病院などで検査を受けないとわからない部分が多いのですが、今のところは????ということでしょう。ファンの皆様も心配されていると思いますので、一度病院できっちり検査を受けていただきたいですね。

 

 

 

 

 

無呼吸症候群とは一体どのようなものなのか?

 

無呼吸症候群とはどんな病気なの???

 

無呼吸とは10秒以上呼吸が止まっている状態のことをいいます。睡眠中に無呼吸が1時間に5回以上、または7時間の睡眠中に30回以上ある状態が無呼吸症候群に当てはまります!寝ている間に息をしていないと思ったら無呼吸症候群の可能性がありますね。

 

 

無呼吸症候群の原因は一体何??

 

 

扁桃肥大が無呼吸症候群の約20%程度を占める原因の1つと言われています。子供にも起きる病気ですが、大人でも扁桃肥大が原因で無呼吸となることがあります。また40代から無呼吸症候群になる方が多い傾向にあると言われています。なぜかというと加齢により気道周囲の筋力や弾力性が低下して気道をつぶれやすくなるためです。

 

 

今回GACKTさんも年齢による無呼吸症候群の可能性はありえますね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

無呼吸症候群の改善方法とは?

 

 

症状によって治療法は様々ですが病院での治療と自宅での治療を分けてご紹介したいと思います。

 

 

病院での治療法

 

 

 

◎CPAP治療

 

無呼吸症候群にもっとも適している治療法と呼ばれており、内容としては寝るときに鼻マスクをつけて一定の空気を送り込むことで気道を広げて呼吸が止まるのを防ぐ治療法となります。

 

 

 

◎マウスピース

 

症状がまだ軽い方などに適していると言われる治療法です。マウスピースを使用してあごの位置を前にして寝ることで気道を確保し呼吸が止まるのを防ぐ治療となります。

 

病院での治療の部類にはなりますが、手軽に持ち運びができるマウスピースは利便性に適していますね!!

 

 

 

◎外科手術

 

重症の方でなかなか改善ができない方の最終手段となります。扁桃腺や軟口蓋の形状に原因があるときは手術で切除することも有効的な手段となります。

 

単純に切除する手術もありますが現代ではレーザーでの治療もされていますのでご自身の症状や具合によって合わせて治療法を選んでいきましょう!

 

 

 

自宅での治療法

 

 

◎寝るときの体勢を改善する

 

仰向けで寝てしまうと重力により舌が喉奥に入って行ってしまい、気道を詰まらせてしまいます。そこで改善策としては横向きで寝られることをオススメします。

 

 

 

◎減量をする

 

太っていることは無呼吸症候群の最大の原因となってしまいます。とにかく太っていると感じている方は食生活の改善、運動をなどを取り入れてすぐにでも減量されることをオススメします。

 

 

◎鼻腔テープやマウステープで改善

 

口呼吸することはいびきの原因にもなってしまいます。そこで鼻呼吸できるように鼻通りがよくなる鼻腔テープや口呼吸を防ぐためにマウステープを利用して少しでも鼻呼吸ができる環境を作ってあげることが重要です。

 

 

 

 

まとめ

 

 

無呼吸症候群についていかがでしたでしょうか?

 

GACKTさんはまだ無呼吸症候群なのかわからない状態なので是非一度検査を受けていただき、治療が必要であれば早めの治療をしていただきたいですね。なかなか睡眠時の無呼吸は気づかないことが多いと思いますが、ご自身でも一度誰かに確認していただいたらどうでしょうか?

 

放っておいたら危ない病気の一種ですのでできる限り早めの発見につながるといいですね!!!

 

 

スポンサーリンク

takahiro

初めまして、ブログをご覧いただきありがとうございます。 20代サラリーマンのtakahiroです。 スキなコトをスキなだけというブログタイトルは自分が人生において悔いのない人生を歩んでいきたいという想いからです。 様々な情報発信をしていくことで読者様が納得のいくアンサーを見出せればと思います。 時間のある限り、ゆっくりご覧ください!!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です