イヴァンカ基金57億円の使い道や目的や財源は?運営者は誰なのか調査!

 

イヴァンカトランプさんが来日され大きな話題を読んでいますが、それ以上に大きな話題は出てきました!!! それはイヴァンカトランプさんへの基金の件です。

 

安倍首相がイヴァンカトランプさんへの基金を57億円渡すと報道が出てきました。

「おい!日本のどこにそんな金があるんだ」「もっと国民のために使え」と言いたいところですが、安倍首相は何を考えているのでしょうか・・・

 

いったい57億円もの基金の使い道や目的、また財源などを見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

イヴァンカ基金57億円の使い道や目的は?

 

今回イヴァンカ基金への57億円の使い道としてはイヴァンカトランプさんが設立に関わった女性起業家を支援する団体へと支払われます。確かに女性の活躍を様々な国で応援していますが57億円って本当にえげつない金額だと思いますね・・・

 

ですが実はすでにこれは今年の7月のG20で決まっていたことなんです。 また日本だけでなく世界各国の国々からお金を集めており、日本はそれに先駆けて57億円もの投資をしたというわけです。

 

 

出資国一覧

オーストラリア,カナダ,中国,デンマーク,ドイツ,オランダ,ノルウェー,サウジ・アラビア,韓国,アラブ首長国連邦,イギリス、アメリカ

 

 

実際この57億円ものお金が何に使われるのか?というと様々な女性起業家たちが直面する資金繰りや法制度などにあてがわれる予定とされていますので女性企業家の方からすると相当美味しい話ではないでしょうか?

 

これほどまでに影響を与えるイヴァンカトランプさんって本当に凄い人ですし、今後も目が離せませんね!!

 

財源はどこから出ているのか?税金なの?

 

今回の57億円ですが税金から支払わると思っている方がほとんどのようですが実際は違います! その出所は「外貨準備高」というところから出資されるようです。

 

外貨準備高とは?

外貨準備高とは、直ちに利用可能な対外資産のこと。通貨当局が急激な為替相場の変動を抑制するとき(為替介入)や、他国に対する外貨建債務の返済が困難になったときなどに用いられ、日本の外貨準備高は中国に次ぎ世界第2位で、2017年1月末時点で約1.2兆ドルに達しています。

 

そりゃ税金から使い分けないですよね。そんなことしたら全国民を敵に回したようなものですから・・・ 少し安心しました!

 

イヴァンカ基金の運営者は誰なのか?

このイヴァンカ基金と呼ばれているものに実際イヴァンカさんは関与されていません。イヴァンカ基金と呼んでいるため勘違いされている方が多いようですが、別の運営者がいるようです。

 

これではイヴァンカさんも飛んだとバッチリですね・・・

運営者についていろいろと調べましたが、「ジム・ヨン・キム世界銀行グループ総裁」という方でしょうか? なかなか情報が出ておりませんでしたので間違っていたらすみません。

 

また「この人だよ」って知っている方はコメントをくださいませ! 訂正させていただきますので。。。

 

スポンサーリンク

 

イヴァンカ基金に関する日本国民の声

 

ツイッター上へは様々な意見が飛び交っていますのでご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

いろいろと事情を知っている方から何も知らない方まで本当にたくさんいらっしゃいますね。安倍首相もこれは大変だな・・・

 

私もG20での決定を知らなかったので何事や!と思いましたが、その辺はさすがにきっちりされています。   これで何かがすぐに変わるとは思えませんが、今後の未来のためと思えば仕方がないことでしょう。

 

まとめ

 

  • イヴァンカ基金57億円の使い道や目的は「女性企業家の資金繰りや法制度にあてがわれる予定
  • 財源は日本の外貨準備高から出資予定
  • 今回の基金は7月にG20ですでに決定していたこと

 

何も知らず57億円支払うなんて聞いたらそりゃびっくりしますよね!あまりの金額にみんな飛びついてしまっていますが、そこはきっちり決まったことをしているだけなので大丈夫でしょう。

 

まぁこれほどのお金を動かしているのはイヴァンカさんではありませんが、なぜかイヴァンカさんに注目が集まる点も彼女の素晴らしいところだと思います。

 

今後は女性企業家の方がもっと仕事のやりやすい環境を整えてくれるように頑張っていただきたいと思います。

 

スポンサーリンク

takahiro

初めまして、ブログをご覧いただきありがとうございます。 20代サラリーマンのtakahiroです。 スキなコトをスキなだけというブログタイトルは自分が人生において悔いのない人生を歩んでいきたいという想いからです。 様々な情報発信をしていくことで読者様が納得のいくアンサーを見出せればと思います。 時間のある限り、ゆっくりご覧ください!!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です